HOME>トピックス>故障車は買取が可能【動かない車でも依頼できる】

故障車は買取が可能【動かない車でも依頼できる】

廃車

壊れた車でも諦めないで!

「壊れて動かなくなってしまった車は売れない」と勘違いしている人は多いです。事故で大破してしまった車でも、古くなって動かなくなってしまった車でも、下取りや買取りをしてくれるお店が日本にはあります。何も諦めてしまう必要はありません。確かに状態のいい車と同じような値段で引き取ってもらうことは難しいですが、自分で廃車手続きをする必要がなくなるのは助かります。事故車でも故障車でも、中古車買取店に引き渡せばその後の面倒な手続きはすべて業者側で済ませてもらえます。しかも場合によっては予想以上に高い値段で売れることもあるでしょう。車の処分に関しては、諦めずに中古車買取店に相談してみることが大切です。

事故車や故障車の買取をする場合はチェック!大きな故障がない車の買取と違う点

大きな事故を起こした車の買取相場は低め

フレームが曲がるほどの大事故を起こした車でも、適切に修理しさえすれば中古車として市場に流通させることができます。ただし、軽い故障をした車に比べて修理コストは高くなりがちです。そのため、全体的な買取相場は低くなります。

事故車はスクラップにすることもアリ

パーツ交換で直せない故障はほとんどありません。そのため故障車の多くが、修理後市場に流されます。しかし事故車の中には、修理を諦める車も少なくありません。スクラップにすると金属的な価値しか残らないので、二束三文の買取価格になります。

少しでも高く買い取ってもらうためにできること

車の状態を少しでも良くしておくことが、高い査定額を引き出すコツです。自分で修理できる部分があれば、査定の前に直しておくといいでしょう。最近は軽い凹み程度なら数千円もあれば修理可能です。クリーニングをしておくのも、査定額のアップには効果的です。

事故車を下取りに出すまでの手順

廃車

まずは電話で相談をする

通常の下取りと同じように、まずは業者に電話で連絡をします。この際に、ある程度事故の詳細や車の状態について話しておくといいでしょう。場合によっては下取りを断られるケースもあるからです。

担当者に査定をしてもらう

電話でもある程度のことは伝えられますが、厳密な下取り価格をはじき出すためには査定が必要です。査定当日に担当の方に状態をチェックしてもらって、いくらになるのか教えてもらいます。

納得ができれば契約をする

提示された下取りの価格や条件に納得ができれば、いざ契約です。複数社に査定をお願いしている場合は、利用すると決めたところ以外に断りの電話を入れておく必要があるでしょう。委任状などの各種書類が必要になる点も、通常の下取りと変わりません。

後は引き取りに来てくれるのを待つだけ

契約が済めば、後は予定日に引き取りに来てくれるのを待つだけです。事故車はまったく動かないケースも少なくありませんが、レッカー車などを手配してもらえるので心配は無用です。

広告募集中